阿部 淳一

VK18TG-G PC-VK18TGZEG 液晶パネル交換

NECのウルトラブック、 VK18TG-Gの液晶パネル割れの修理のご依頼がありました。

液晶パネル割れは基本的に液晶パネルの交換しかないのですが、このシリーズのパソコンは液晶パネルが非常に薄く、液晶ユニットごとの交換でしか対応しない業者もおられるそうです。

割れた液晶パネル。光に透かせて分かるほど薄いです。

弊社では割れた液晶パネルだけの交換で対応致しますので、ユニット交換よりは安くご提供が可能です。

液晶パネルの交換完了です。

ちなみに今回は元は光沢パネルでしたが、在庫が無かった為、非光沢の液晶パネルでの交換になりました。

非光沢の液晶パネルでも良ければ在庫がまだあるので、すぐに交換対応可能です。

また他のパソコンの液晶パネルでも、ほとんどのものは入手が出来るので、もし液晶パネルが割れてしまった場合や、線が入るなど表示に異常がある場合は、是非いちどお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらからです。

LAVIE Note Mobile NM150/GAL PC-NM150GAL 液晶パネル交換修理

2017年発売のNECのノートパソコン、PC-NM150GALの液晶パネル割れの修理を行いました。

液晶パネルが割れた場合の修理方法

液晶パネルは割れた場合は、液晶パネルの交換以外に対応方法はありません。

また製造しているのが基本的に海外なので、国外からの取り寄せになります。

もっとご依頼の台数が多くなるようであれば在庫を持つかもしれませんが、今の所は在庫は無いので、ご依頼があれば取り寄せとなります。

交換自体は簡単な部類に入るので、液晶パネルが届けばすぐに対応可能です。

PC-NM150GA以外に対応可能なパソコン

同時期発売の

  • PC-NM550GA
  • PC-NM350GA

これらの機種も同じ液晶パネルを使っているので、同じように液晶パネルでお困りの場合は、是非ともお問い合わせください。

お問い合わせはこちらからです。

Inspiron N5110 動作が重たい HDD交換

Inspiron N5110で、最近急に動作が重たくなってしまった、というお問合せがあり、修理を行いました。

 

動作が重たい場合の原因は?

 

パソコンの動作が重たい場合の原因はソフトウェアが原因の場合と、ハードウェアが原因の場合の2通りがあります。

 

ソフトウェアが原因の場合は、負担が掛かっているアプリケーションを探したり、OSが重たくなる原因の余計なファイルの削除をしたり、といった対処となりますが、今回はHDD(ハードディスクドライブ)が故障しかかっている事が原因でした。

 

Inspiron N5110のHDDはどこにある?

 

近年のノートパソコンは、メンテナンスがしやすいように、裏蓋を1つ開ければ簡単にアクセスできる構造になっているのですが、Inspiron N5110はこの時代の流れに逆らって、全て分解しなければアクセスが出来ない構造になっています。

 

弊社では何台も交換しているので、診断作業も含めて30分以内に交換自体は終わりますが、慣れていないと1時間以上掛かってしまうかもしれません。

 

今回の修理方法

 

今回は新品のHDDを取りつける前に、取り外した元のHDDのクローンコピーを行い、コピーが終わった新品HDDを取り付ける、という形で作業を行いました。

OSが正常に起動する段階であれば、ご依頼頂いた際の状態のまま、新しいHDDに交換してお返しする事が出来ます。

 

動作が重たいという段階でご依頼頂いたので、このような対応をする事が出来ましたがが、動作が重たくなったまま使い続けると、段々と故障の範囲が広がり、いずれ正常に起動出来なくなってしまいます。いわゆるブルースクリーンが出てしまうような状態ですね。

こうなってしまうと、新しくOSをインストールし直す(パソコンを始めて購入された状態に戻す)事になってしまいます。

 

少しでも違和感を感じたり、あるいは2年以上使っているな、と思ったら、早め早めの予防交換をオススメ致します。

車と同じで、小まめにメンテナンスする事で、パソコンも長くお使いする事が出来るのです。

 

Inspiron N5110に限らず、同様の事はどんなパソコンでも起こりえますので、何か気に掛かる事があれば、こちらからお気軽にお問合せ下さい。

また今回はHDDへの交換でしたが、パソコンが圧倒的に早くなるSSDへ交換する事も出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。

DELL XPS 13 2-in-1 起動しない。SSD交換

今回はDELL XPS 13のSSD交換をいたしました。

今はわかりませんが発売時は世界最小の13インチ2-in-1ノートパソコン。

削り出しアルミ感が高級感を感じるパソコンですね、
DELL修理をひたすらしている者としてはDELLのパソコン全体に愛着があり
このようなパソコンは個人的に欲しくなってしまいますね。

今回起動に問題があるということで
まずは最初にテスターでACアダプターの電圧からチェック。

電圧には全く問題なく、
最終的にSSDが壊れていることがわかりました。

余談ですが、テスターってご存知でしょうか。
デジタルマルチメータとも呼ばれていて色々な種類があります。

どこでも購入可能ですが、私は修理のプロですのでちょっとこだわって
修理関係の工具は大抵RSコンポーネンツで買います。

ちなみに4個持ってますが
一番使うのはこれです。

ちなみにどこでも入手できないコンデンサなどを
今まで何十回、計何百個購入したか・・・
ここの部品で生まれ変わったお客様のパソコンは数知れずです(^^)

はい、本題に入りまして
XPS13はまだ新しいモデルです。

購入して1年と2ヶ月だとか・・・
保証期間が過ぎてしまった直後・・・

スペックは下記にようになっております。

モデル名 XPS 13 2-in-1
CPU 第7世代 インテル®Core™ i7-7Y75 プロセッサー (4M キャッシュ, 最大 3.6 GHz まで可能)
OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
Office なし
メモリ 16GB LPDDR3 1866MHz
ハードドライブ 512GB PCIe ソリッド ステート ドライブ
ディスプレイ 13.3インチ QHD+ (3200 x 1800) InfinityEdge タッチ ディスプレイ
ビデオカード インテル® HD グラフィックス 615
DELL Active Pen デル製アクティブペン(PN556W)
ポート 1 Thunderbolt™ 3(PCI Express Gen 3 x 4レーン)、
PowerShare仕様およびDC-IN
1 USB-CのDisplayPort(PowerShare仕様、DC入力、DisplayPort)
1 MicroSDカードリーダー
1 ヘッドセットジャック
1 Nobleロックスロット
重量 最小重量: 1.24 kg
寸法 304×13.7×199 mm

XPS13 2-in-1 は重さ1.24kgということで軽いのですが
SSDも通常のタイプより軽いM.2という規格になっています。

SSDの場合壊れるとデータを救出することが通常のハードディスクに比べて難しいです。
なのでバックアップはしっかりとした方が良いです。

今回交換用のSSDには
Crucial の MX300 CT525MX300SSD4/JP を使いました。

WIndows10をクリーンインストールし、時間のかかるアップデートを行い、作業完了。

HDD交換とWindowsのインストールまでなら実作業時間はそれほどかからないのですが、
アップデートまでなると時間がかかったりすることが多いですね。

作業完了後、正常にWIndowsが起動できることを確認して、動作検証に移行。
問題がなければ、納品となります。

音もしない・省電力・軽くて、速くて、寿命も長いSSDですが
やはり機械ですので今回のような故障もあります。

お客様のことを考えると大変残念ではありますが
WIndowsの起動不良、起動が遅い、起動中のフリーズ、
使用中にブルースクリーンなどが発生した場合、
HDD・SSDの故障が原因の可能性がありますので、
早めに交換できればデータも全て丸ごとコピーも可能ですので
一度、お問い合わせいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォム

XPS 12 9Q23 気泡が出来る症状の修理

ここ最近、DELLのXPS 12 9Q23のパソコンで、液晶画面の四隅のどこかに気泡が入る、光り方がおかしい、亀裂が入ってるように見える等の症状が出ている方が多いようです。

立て続けに同様の症状でXPS 12の問い合わせが来ておりますので、こういった自然故障が出始める時期なのかもしれません。

 

ただXPS12に限らず、タッチパネル式のパソコンでは起こりうる症状の1つですね。

 

 

故障の原因は?

 

液晶パネルとデジタイザ(表面のガラス面)との間に充填されている樹脂が、変形し、漏れ出してしまう事が原因と言われています。

 

漏れだす原因として考えられるのは

  • 衝撃が加わった
  • 強烈な温度変化に晒された
  • 大きな気圧の変化があった

といった事が挙げられます。

 

また購入時には耐えられても、経年劣化により耐えきれなくなる、という事も考えられます。

最近お問合せが多いのは、この為ではないかと思います。

 

XPS 12は液晶部を回転させる事でタブレットのような使い方も出来るパソコンなので、他のタッチパネル対応パソコンと比べ、耐久性は低いのかもしれません。

 

 

修理の方法は?

 

修理方法は液晶ユニットの交換となります。

液晶パネルとデジタイザが一体になっているユニットごとの交換ですね。

 

液晶ユニットの交換作業は1~2営業日で完了致します。

 

 

液晶ユニットの在庫状況について

 

XPS 12の液晶ユニットは、2018年9月現在はご依頼件数が急に増えたのもあり、在庫がほぼ無い状況ですが、追加発注済みです。

月末にはすぐに納品が可能な体制が整います。

 

 

終わりに

 

今回はXPS 12 9Q23の液晶画面に気泡が入る、という内容の修理をご案内しましたが、XPS 12の他の不具合も対応可能です。

電源が入らない、動作が遅い、OSが立ち上がらない等、XPS 12でお困りの事がありましたら、是非お問合せ下さい。

 

お問合せはこちらから

パソコン修理 札幌市北区の法人のお客様 SONY VAIO Duo13

パソコン修理 札幌市北区の法人のお客様 SONY VAIO Duo13

梱包完璧
あり合わせの箱にテキトーに詰めて送ってしまいましたが
きれいに詰めモノをして返送されてきました。
プロのお仕事を感じました。
———————————————————————-
ご利用頂き有難うございます。
また、とても有り難いお言葉を頂戴し感銘しております。
また機会がございましたら、どうぞ宜しくお願い致します。