Sony VPCCW28FJ ノートPCの修理

インフォムスタッフの内山です。

今回は、Sony VPCCW28FJ ノートPCの修理を行いました。

ご依頼の内容としては、電源ジャックの不具合でパソコンの電源が入らなくなったということでお預かりした機体になります。

早速、実機が届きましたので、確認をしたところ、事前にお伺いしていたとおり、電源が全く入りません。
ACアダプターをテスターで確認したところ、ACアダプターには問題はなかった為、電源ジャック自体の不具合か、最悪だとマザーボードの故障になる可能性があります。

ただ、事前の連絡でバッテリーでは動作していたということでしたので、今回の場合、電源ジャックに問題がある可能性が高そうです。

パソコンを開封し、電源ジャックを確認したところ、当機種の場合、マザーボードにはケーブルで接続されていることが確認されました。

電源ジャックの取り外し、ジャック部の内部を確認すると、ACアダプターのジャックと接触する金属プレートが内部で外側に反り、接触不良が発生し、電源が通電しない状態になってました。

この金属プレート部分を修正し、ACアダプターを接続して、通電できることが確認されるのを確認し、パソコンに取り付けて、早速、電源を入れると、見事にパソコンの電源が入りました。

無事にパソコンが起動出来る状態になったところで、動作確認を行うとHDDの劣化故障も確認されました。 状態としては不良セクター発生の状況なので、HDDの交換も必要になりました。

お客様に結果の報告と追加でHDDの交換も行わなければならないことを報告し、修理進行となりました。

よって、今回の作業としては、電源ジャック部内部の修復とHDD交換、リカバリの作業となります。

リカバリについては、なんとか既存HDDからリカバリデータを新しいHDDに複製ができたので、新しいHDDでリカバリを行う形になります。

ただ、一部機種では、新しく搭載するHDDによっては、リカバリの完了が出来無くなったり、Windowsアップデートが動作しなくなったりする為、一手間がかかります。

今回の機種も一手間がかかる機種なので、通常よりも時間がかかるリカバリ作業となりました。

長いアップデート作業が完了すれば、近日中に納品できる状態になるでしょう。

今回も、当初依頼の内容と別の修理も追加で発生しましたが、HDDの不具合については、ある程度長い期間使用していると避けられない問題ではあるので、ユーザーデータのバックアップはこまめに保存しておきましょう。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post