HP Compaq dc5100 SFF の修理

インフォムスタッフの内山です。

今回は、HP Compaq dc5100 SFFの修理を行いました。

事前のご依頼内容としては、セーフモードでしか起動出来無いということでお預かりしたのですが、届いてから動作を見てみると、一応、通常モードでWidowsが起動出来る状態でした。

10年程度稼働している機体になる様なので、HDDが怪しい為、HDDのチェックを行う為にパソコン本体を開けてみたところ、マザーボード上のコンデンサーに液漏れ膨張の物が数個確認されました。

この状態ですと、突然、電源が入らなくなったり、途中で電源が落ちたりするトラブルが発生する可能性がでてきますので、コンデンサーの交換が必要になります。

マザーボード上のコンデンサーの不具合を確認を終えた後、肝心なHDDを取り外し、HDDのチェックを行った所、やはり、ディスクの記録面に不良セクターの発生が確認されました。 

幸い、不良セクターの数が少ない為にWindowsが起動出来る状態であった様で、新しいHDDに既存環境を丸ごとコピーして対処が出来そうです。

まずは、マザーボード上のコンデンサーの交換を行い、パソコンが安定して動作する環境を確保してから、HDD交換を行う形で作業を進めていたのですが、新しいHDDに元のHDDから環境をコピーしようとCDディスクから専用のソフトを起動しようとしたのですが、今度は光学ドライブが動作しないことが追加で確認されました。

光学ドライブを交換して、新しいHDDにWindows環境のコピーが無事に完了し、動作を確認すると問題無く元のWindows環境がエラー無く起動出来ることが確認されました。

後は、動作検証で問題がなければ、納品可能な形になると思います。


今回の様に、古い機体の場合、当初の依頼とは別の故障も追加で確認されることがあります。
その場合もお客様に、ご連絡をさせていただいて対応をどうするかを確認した後に作業を行わせていただきますのでご安心ください。

古い機種をお使いの方で、まだ長く機体を使用したいというお客様は、一度、診断だけでもご依頼をいただければ、機体の延命のサポートをさせていただきたく思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email