dell Inspiron 11(3162)の修理

インフォムスタッフの内山です。

今回は、Dell Inspiron 11シリーズの3162というミニノートPCの修理を行いました。

ご依頼の内容としては、パソコン側の電源ジャックにACアダプターが刺さらないということでお預かりした機体になります。

お預かりした実機を確認したところ、パソコン側の電源ジャック部の中芯が破損して無くなり、金属の芯が丸見えになっている状態でした。

この状況ですと、電源ジャックのパーツ自体を交換しなければならない状況となります。

交換用の電源ジャックは、正規の物を入手するには海外から取り寄せる形になり、時間がかかってしまうので、在庫で使用できそうなものを探して取り付けてみました。

ACアダプターを接続してみたところ、正常に通電し、パソコンの電源が入り、バッテリーにも充電が行うことができることが確認できた為、在庫のパーツを使用して交換を進める形になりました。


ただ、元の電源ジャックとネジ固定する留めパーツの位置が若干ずれていることが確認されたので、パーツを加工して取り付けて、作業完了。

ACアダプターを取り付ける際にジャック部分がパソコンの中に入り込まないことを確認し、納品の形になりました。

ノートパソコンのACアダプターの差し込み口のトラブルは、割と多く、古い機種だとマザーボードからのハンダ割れ、新しい機種だとジャック部分の土台パーツ破損などが多い様に見受けられます。

ノートパソコンは、持ち運びが多い機種なので、ACアダプターの接続の際は気をつけて行ってください。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。 

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email