Dell Precision 470の修理

インフォムスタッフの内山です。


今回は、Precision 470ワークステーションPCの修理を行いました。

元々は、電源を入れるとファンが全力動作、メーカーロゴが表示されないという症状の依頼でした。

マザーボードの不具合の可能性が高いということで、マザーボードを手配し交換したのですが、今度は電源自体が入らないという状態に陥りました。

当機種の場合、電源装置の故障も多いので、機種自体が古いこともあり、電源装置の寿命も合わせて出てきた連鎖故障になるかと思われます。

電源も追加で交換すると、無事にパソコンが起動出来る様になったので、他に問題が確認されなければ、近日中に納品可能な状態になるでしょう。

Precision 470で多い故障は、マザーボード上のコンデンサーの液漏れや膨張、電源装置の故障、マザーボードでのコンデンサー以外の故障、ビデオカードなどの拡張カードの故障、そしてHDDや光学ドライブなどの故障が多いと思われます。

現在のところ、古い機種にはなりますが、マザーボードや電源装置などのパーツについては、取り寄せができると思いますので、一度、お問い合わせをいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email