最近のスパムメール(迷惑メール)

インフォムスタッフの内山です。


今回は、いわゆるスパムメール(迷惑メール)に関して少し書いてみます。

最近、英文メールが多くないですか? また、変な日本語のメールがあなたのメールアドレス宛に届きませんか?

そんなメールに添付されているファイルは、危険なウイルスファイルであることがほぼ100%ですので、絶対に開かないこと、実行させないことが必要です。

迷惑メールなどにコンピューターウイルスが添付されていたりするという話は、何年も前からあるのですが、最近は凶悪化しており、ウイルスに感染するとパソコンの中にある大事なファイルが暗号化されてロックされるというのが流行しております。


また、このロックしてしまったファイルを解除するには、お金を払う様にパソコンに表示させて、感染した持ち主を脅迫してしまうということです。

このことから、このタイプのウイルスのことはランサムウェア(身代金要求型ウイルス)と呼ばれています。

ロックされてしまったファイルを元に戻す為にお金を犯罪者に支払っても、ファイルが元に戻るという保証はありませんので、ここは間違っても支払ってはいけません。

ウイルスにかかってしまい、ファイルがロックされた場合は、種類によっては、暗号化が解除できるタイプもある様なので、データ復旧会社などに問合せをしてみるのも手かもしれません。

こういった、最悪な状況にならない為には、覚えの無いメールの添付ファイルは絶対に開かない、HDDのバックアップは、外付けメディアなどに定期的に取ることが重要です。

また、最近のランサムウェアは、ネットワークHDDや外付けHDD、USBメモリーなどがパソコンに取り付けられているとそちらにも暗号化を行ってしまうので、大事なデータが入っている外付け記憶媒体などは必要な時だけ取り付けるという方がよろしいかと思います。

大事なデータを守るためには、普段からの対策が必要です。

この問題は、パソコンのみならず、スマートフォン、タブレットなどのデジタル機器全般に該当する問題になりますので、あなたの大事なデータを守りたいのであれば、真剣に対策を行ってみください。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email