Dell Inspiron 7720の修理

インフォムスタッフの内山です。

今回は、Dell inspiron 7720の修理を行いました。

依頼内容としては、電源を切って翌日使用しようとしたところ、電源が入らなくなったというものです。

実機をお預かりして、機体を調べた所、事前に連絡を頂いていたとおりに全く電源が入りませんでした。

マザーボード故障かな?と思っていたのですが、お客様の使用状態で普段からパソコンの下に冷却台を置かれて使用されていたという情報があり、不具合が発生した前日は冷却台を使用していなかったと言う説明もありましたので、ひょっとしてとパソコンを分解し、冷却ファンを確認したところ、ファンとヒートシンクの間に綿ゴミの分厚いフィルターが出来ていました。

まれに見る綿ゴミの厚さだったので、CPUが焼けたかな?という結論になり、CPUを別の物に交換してみたところ、パソコンが正常に起動出来ることが確認できました。

よって、原因は、ゴミづまりによる冷却不足によって発生したCPU故障だったわけです。

その後、お客様に故障原因を説明し、パーツを取り寄せて無事に修理完了後、納品の形となりました。

ノートパソコンは、メンテナンスが難しい機種も多いので、もし、使用中に動作が遅い、パソコンが以前よりも熱い、使用中に電源が落ちたという状況があれば、冷却不足による熱暴走かもしれません。

一度、お問い合わせをいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email