Dell Studio XPS 9100の修理

今回は、Dell Studio XPS 9100 デスクトップPCの修理を行いました。

本来の依頼は、アンインストール出来無いソフトを消して欲しいという事と、SSDやメモリーの追加というアップグレード系の依頼だったのですが、本体を調べると当機種などで多い、CPUファンの固定用パーツの破損が確認されました。 過去のブログ記事に記載したことがある、ネジ止め部分のプラスチック部分が突き抜けるというやつです。

今回は、交換用の純正パーツが入手できなかったので、市販の自作PC用のCPUファンを用意して交換しました。

DSCF0629a.jpg
DSCF0630a.jpg

参考までに当機種の場合は、一度、マザーボードをPCケースから取り外し、純正のバックプレートをPCケースから取り外して、マザーボードにCPUファン付属のバックプレートを取り付けてから、マザーボードをPCケースに戻し、CPUファンを取り付けるという作業になります。

CPUファンを交換すると、今回のケースですが、純正のCPUファンよりも冷却性が上がった様で、CPUに負荷をかけてもかなり静かな印象を受けました。

その後、他の依頼内容の作業も完了し、無事に納品の形になりました。

今回の様にパソコンをお預かりして、依頼内容以外の不具合が確認されることもありますが、弊社では他に見つかった不具合もすぐにお客様にご報告いたしますので、ご安心ください。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP


Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email