Dell Dimension 4500Sの修理

インフォムスタッフの内山です。

今回は、Dell Dimension 4500Sという14年前に発売された機種の修理を行いました。

ご依頼の内容としては、「パンッ」という音が鳴った後にパソコンの電源が入らなくなったということで、弊社に依頼がありました。

早速、故障パーツの切り分けを行った所、電源装置の故障であることが判明しました。
マザーボード上のコンデンサーには、破裂したものは無かったので、電源装置内のコンデンサーが破裂して、「パンッ」と言う音が鳴ったということでしょう。

テスト用の電源を接続すると、正常にパソコンが起動出来ることを確認したので、マザーボードにはダメージは無く、電源装置の交換のみで対応できそうでした。

交換用の機種専用電源装置を手配し、到着後にパソコンに組み込んで、パソコンが起動できることを確認して、動作検証後に納品の形になりました。

この様にまだまだ古い機種でも、交換用のパーツが入手出来る物については、修理ができるパソコンもございますので、古いパソコンをお持ちでまだ使用したいという場合、一度、ご相談をいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email