DELL (デル) Dimension 2400c / 4600c 発煙の可能性

去年の記事ですが、ご使用している方はお気をつけください。

デル株式会社は9月30日、省スペースデスクトップの「Dimension 2400c」と「同4600c」の一部で、電源ユニットに接続不良となる不具合があると発表した。同社Webサイトにて、サポート情報として公開した。

 不具合は、電源ユニットの基板上で、部品の半田付け接続部が機械的疲労により接続不良となるもの。問題が発生するとシステムが停止あるいは起動しなくなり、まれに発煙することがあるという。同社は、この不具合は電源の筐体内で短時間のうちに終結し、安全上の問題が無いことを確認しているという。

 対象となる機種は2003年5月から2004年8月に出荷されたDimension 2400c(60,000台)と、2003年5月から2004年11月に出荷されたDimension 4600c(87,000台)。同社サイトよりサービスタグナンバーを入力することで、該当の電源を搭載しているかどうかを確認できる。また、専用問い合わせ窓口を開設する。不具合が起きた場合には、故障した部品を無償で交換する。

 不具合はこれまで13件確認され、うち9件を経済産業省および製品評価技術基盤機構に報告し、4件について報告準備中としている。

dimension4600c.jpg

液晶パネル・バックライト交換・インバーター交換などの液晶関係
ブルースクリーン(青い画面)・様々なエラーなどの症状
起動しない・電源が入らない等まで幅広く対応しています!

リカバリが出来ない・メモリの増設・大容量ハードディスクへの交換・
PC内部の清掃・不要なデータ掃除も可能です!

古いパソコンの無料回収・壊れたパソコンの買取も受付中!

パソコン故障で困ったら、パソコン修理のインフォムへ → ホームページ

お問い合わせはこちら → お問い合わせ

Share this post

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on email